Babalú Ayé
[ババルー・アジェー]キューバのヨルバ信仰「サンテリア」の、病気をつかさどるオリシャ(神)。シンボル:ラベンダー、黒。

Bachata
[バチャータ]ボレロの流れを汲むドミニカ共和国のポピュラーな歌謡。

Balsié Tumbado
[バルシエ・トゥンバド]ドミニカ共和国の平たい太鼓。

Bamba
[バンバ]ベラクルス地方(メキシコ)の民族舞踊。

Bambuco
[バンブーコ]コロンビアの国民的な伝統舞踊。

Bantu
[バンツー]コンゴ共和国、コンゴ民主共和国(旧ザイール)、アンゴラ、中央アフリカ等の大きな民族。

Baqueteo
[バケテオ]シンキージョの後に1小節緩いカウントを追加し1セットとした、ダンソンでのリズムパターン。

Barí
[バリ]ボネールで年末に行われるフェスティバル。キュラソーのタンブーに相当する。

Barrio, El
[エル・バリオ]ニューヨーク、スパニッシュ・ハーレム。

Bastel
[バステル]水を張った桶に椀型に二分した瓢箪を伏せて浮かべ、指で叩く楽器。ABC諸島で用いられる。キューバのヒカラ・デ・ホバーと類似。

Batá
[バタ]ヨルバ由来の2ヘッドの太鼓。「イヤ」「イトテレ」「オコンコロ」の3種類がある。

Bataleto
[バタレート]バタ・ドラム奏者。

Batería
[バテリア]トラップ・ドラム(一般的なドラムセット)のスペイン語での呼び名。

Bèlè (Belair)
[ベレ(ベルエア)]小アンティル一帯で行われていたアフリカ系の太鼓歌。元々はシャントレルと呼ばれる女性歌手の歌のみを指していた。

Bembé
[ベンベ](1)サンテリアの儀式。(2)元々空洞の丸太で作られていた、ヨルバ由来の一枚皮の太鼓。

Benta
[ベンタ]ABC諸島で用いられる口弓。

Biguine
[ビギン]19世紀半ばにサン・ピエール(マルチニーク)で生まれた混血音楽。1930年代にパリで爆発的な人気を得ていた。

Bokú
[ボクー]オリエンテ地方(キューバ)のパレードで用いられる、胴が細長い片面張りの太鼓。

Bolero
[ボレロ]キューバで生まれた、主に恋愛をモチーフにした歌詞と叙情的なメロディの歌謡。

Bomba
[ボンバ]プエルトリコの伝統的なアフロ系音楽&ダンス。演奏には樽型の太鼓(ブレアドール、プリモ、スビドール)が用いられる。ジューバ、シカ、クンヤ、オランデス、ココバレ、ダヌエなどの様々なリズム・バリエーションを持つ。

Bombardino
[ボンバルディーノ]チューバ型の管楽器。プエルトリコのダンサなどで使われる。

Bombo
[ボンボ]ラテンアメリカで広く使われる低音の太鼓。日本ではアンディアン・フォルクローレのものがよく知られている。

Bongó
[ボンゴ]二つ一組に固定された、キューバの片面太鼓。小さい方を「マチョ」、大きい方を「エンブラ」と呼ぶ。

Bongosero
[ボンゴセーロ]ボンゴ奏者。

Boom Boom (Boum Boum, Boom Pipe)
[ブーム・ブーム(ブーム・パイプ)]ドミニカ国のジンピンで用いられる竹筒トランペット。ハイチのヴァクシーヌと同様。

Bordonúa
[ボルドヌーア]プエルトリコのギターの一種。

Botija
[ボティーハ]キューバの初期のソンで使われていた、ベースの役割をする壺。

Boula
[ブーラ](1)ヴドゥの儀式で用いられる3種の片面太鼓のうち最も小さなもの。(2)グウォカで用いられる片面皮の樽太鼓。

Bouyon
[ブーヨン]ズークソカなど近隣の様々な音楽をミックスした、ドミニカ国生まれのポピュラー音楽。

Bugalú (Boogaloo)
[ブガルー]1960年代にニューヨークで流行した、ラテン・ソウル・ミュージック。英語で歌われる。

Bullerengue
[ブジェレンゲ]コロンビア北部のダンス音楽。ポピュラー化したクンビアのサブジャンル。